今夜もおやす眠眠打破

工藤遥さんフォーエバーラブという気持ちでハロプロ関係の現場日記や関係ないことまでつらつら書きたいと思います。

格安スマホからハロプロモバイルを楽しめている方法

 

こんばんはるか♩

 

ハロー!プロジェクトモバイル(http://helloproject-mobile.com/index-pc.html)をご存知ですか?

 

通称:ハロモバ。

ハロー!プロジェクトの、月額会員制スマートフォン向けサービスです。

 

ハロプロメンバーのここでしか読めないブログや、画像、オリジナルラジオなど魅力的なコンテンツが盛りだくさんで、

ハロプロのヲタクをするにあたって欠かせないものになりつつありますね!

 

私の推しメン工藤遥ちゃんが宣伝部長を務めていることもあり、

なんとしてでも登録したい!となるわけです。

 

しかし、このハロモバ。

月額の支払い方法が、今のところキャリア決済しか対応していません。

 

docomo→spモード決済

softbank→My softbank

auauかんたん決済

 

3択です。

 

私は以前、auiphoneを購入し、契約していたのでハロモバの決済も問題なくできていたのですが、

 

最近auを解約して、いわゆる格安スマホに切り替えようとしたタイミングで

 

「ハロモバの決済できひんやん!」という壁にぶち当たったわけです。

 

 

携帯キャリアやらsimカードやら決済やら全然わかってない若い女ですが、

わからないなりになんとか解決したので、

もし同様にお困りの方がいれば、一手段として参考にしていただけるんじゃないかなと思って。

 

とにかくわかってないので、もし間違ったことを書いていても

「わかっちゃない♪ わかっちゃい~ない♪」と優しく指摘していただけると嬉しいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

〈わたしのやり方〉

 

端末:auで購入したiphone 6 plus

simカード:mineo(auスマホ用契約)

 

決済:Y!mobileで購入&契約しているスマホからmysoftbank決済

 

〔ポイント〕Y!mobileは、mysoftbank決済が使える。

 

私の場合は、幸運にも家族がY!mobileで購入&契約しているスマホを持っていたので

 

私のiphoneからハロモバを開く→softbank決済選択→Y!mobile契約時のIDやらパスワードやらを入れる→ハロモバが使える!

 

ということが可能でした。

 

 

他にもなにかやり方があるのか?

わからないですが。

 

キャリア決済以外の方法(例えばコンビニ決済)があれば、親御さんに携帯料金を支払ってもらっている学生さんなんかも助かりそうなのになあ~

 

 

 

おやす眠眠打破。。。。。。

 

工藤遥ちゃんの卒業

 

 

 

工藤遥ちゃんが半年後、モーニング娘。を卒業することになりました。

 

 

 

 

これは、推しメンがグループを卒業することになったアイドルヲタクによる手記です。

それ以上でも以下でもなく、自分が感じたことをなるべくそのまま記録しておきたいと思いました。なので、まとまりもなく、よくわからないです。

 

人様に見せるものではないのですが。こっそり。

 

 

今日は、待ちに待ったモーニング娘。の京都公演。

個人的に春ツアーとしては、横浜、静岡、金沢、京都の4か所め。

京都でモーニング娘。がコンサートを行うのは13年ぶりだそうです!地方公演はあったかくて大好きです。

 

改築されたピカピカのホールは、段差もあって見やすくて、

さらに、私の席は久しぶりのド中央ということもあり、とにかくみやすかったです。

 

いつも通りのコンサートでした。

 

いつものタイミングで右手を掲げて、この曲は振りコピ、この曲は地蔵双眼鏡。

場数をこなすごとに自然と確立した自分ルールで、いつも通り楽しいコンサートでした。

 

それにしても工藤遥のSONGSはえろい。この曲を汗だくのタイミング、しかも露出面積の広い衣装でパフォーマンスしてくれることに感謝。とか、ふと浮かぶ邪念までいつも通りだった。今度、春ツアーエロいタイミングランキングでもまとめてみようかな。ジョークです。

 

 

 

アンコールあけ。ふくちゃんから

「ここで、工藤遥よりご報告があります」

 

「? またなにか番組に出るとかかな。」と思った。

 

「わたし工藤遥は、この秋に行われる秋ツアーをもってモーニング娘。およびハロー!プロジェクトを卒業します。」

 

何を言ってるのかわからなかった。

 

 

ハルちゃんはそのあと、

お芝居が好きになり、女優をめざしたいけどモーニング娘。の活動との両立が物理的に難しいということや、メンバーと同じ方向を向いて活動できないことに対して失礼だなと思ったということを続けた。

 

 

頭が、気持ちが、真っ白になる。言葉も出ないし、涙も出なかった。

「え?」

 

という気持ちだった。

 

 

理解できないままに、最後の曲が始まって、

ハルちゃんはメンバーに囲まれてくしゃくしゃの顔になっていた。

 

そういうの、「みたくないんだよ。」と小さく口からこぼれた。

 

 

「まだ、卒業はちがうくない?

だってモーニング娘。を知ってもらうためにお芝居頑張るんじゃなかったの?

ハルちゃんはモーニング娘。やめちゃえるの?

好きじゃなかったの?

ハルちゃんにとってのモーニング娘。ってなんだったの?

お芝居ってそんなに楽しいの?

本当に好きなの?なんで?」

 

いろんな言葉が脳の中で行き来する。

言葉たちはすべての語尾に、はてなマークや小さな苛立ちのマークをつけていた。

 

 

ハルちゃんが卒業する。「そういうんじゃない…」って何回も思った。何回もつぶやいた。誰とも話したくなかった。会場を出て、しゃがみこんだ。タオルに顔をうずめると、初めて涙が出た。

 

おかしいとおもった。やるせない気持ちになった。納得がいかなかった。

 

ハルちゃんの卒業する理由があまりにも真っすぐで、正当で、彼女らしくて、かっこよくて、正直、文句の付けどころがない完璧なものだったからだ。

 

 

道の真ん中でへたりこんで、途方に暮れた。

友達がいてくれてよかった。支離滅裂な言葉をたくさん吐きました。

 

すべてのモヤモヤが、やりきれない思いが

ハルちゃんのまっすぐな決断に論破される。

 

ハルちゃんにとってのこの決断は、どう考えたって、ベスト。

誇らしく思います。

 

でも…

 

言葉が選べません。

 

ハルちゃんは昼公演の最後の言葉に「秋までよろしくねー!☆」と言っていました。

おいおいと思うわけです。涙

 

 

ハルちゃんは今日までいっぱい考えてきたかもしれないけど

僕らはいま聞いたとこやねんでと。そんなあっさり言わないでと。

 

すれ違うヲタクが卒業公演はどこでやりたいとかの話や、他のメンバーの方が先に辞めると思ってた~などと具体的な話をしているのが耳に入り、

「いや、そういうんじゃないやん。」と思った。

 

なんかいろんなヲタクのいろんな感想すべてに「そうじゃないやん」と思った。

 

今思うと、世のすべてを否定することで、モヤモヤのモヤモヤとした部分をせめてまっすぐ切ってやろうとしていたのだろうか。

 

みんなにとって「工藤遥」って?

 

 

夜公演が始まった。

 

ハルちゃんは、いつも通りのパフォーマンス。身体が覚えているんだろう。

 

笑顔だったけど、それは笑顔ではなかった。

少し元気がなくて、申し訳なさそうに、儚げに、口角をあげている感じだった。

 

ハルちゃんと私は同じ表情をしていた。

「なんて言えばわからない」。そういうかお。

ハルちゃんも、複雑な気持ちなんだなと思った。

 

こういうとき、器用にやりすごせないところが人間らしくて好きになったんだよなって思ったりした。

 

今日は、すっごく大きな日で、それは、少しつらい日。

 

ハルちゃんと同じ時間に同じ空間で、同じ気持ちになっている。

現場に来るってこういうことだったなあって思いだしたりした。

 

Loving you foreverの歌詞に思わず涙ぐむハルちゃん。

う~ん。。

 

アンコールでは、「はるかコール」が起こった。

オレンジ色のサイリウムはあたたかくて、電熱ストーブを連想させた。

「はるか」という名前が好きだし、「オレンジ」色も好きだと思った。

 

アンコールに応えて出てきたハルちゃんは

さっきまでの表情と一転、

その光景をしっかり見、グッと噛みしめるような表情をしていた。

 

「あ。卒業ってこういうことなんだ」と初めて実感した。

ヲタクが「はるか」と言って、ハルちゃんが答える。

コミュニケーションが成立している。一致。

受け止め合って、場が成立していた。

 

 

 

私はモーニング娘。が大好きです。

 

モーニング娘。は私の青春で、

モーニング娘。とは、工藤遥だったのです。

 

ゴールテープが見えちゃった。

 

 

ハルちゃんの卒業の話、冷静に考えましたが、

やっぱりどう考えても最高です。

 

なんにも間違ってないし、正しい!すごい。

かっこいい!

 

(ハルちゃんが卒業するまでに、もっと素敵な褒め方ができるようになるね。ごめんね。笑)

 

 

今までもこれからも、工藤遥ちゃんが好き。

顔がどちゃくそかわいくて、全力で生きている工藤遥ちゃんが好き。

 

彼女が好きだから、どこにだって行けるし、少々の無理ができちゃう!それだけです。

 

時間は、全然ないと思います。

やれることをやります。

 

 

 

卒業したら、髪を伸ばしたりするんだろうか^^

 

そういう気持ちになるくらいには、切り替わりました。笑

 

公式のコメントなどを見て、「ハルちゃんだなあ」ってふふってなりました。

やっぱハルちゃんは、ハルちゃんだよなー!

 

 

ニュース詳細|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

 

ameblo.jp

 

おわり。ねむい!

11/13 MY VISION 川口

 

 

こんばんはるか♩

 

 

13期メンバーの加入が決定しましたね!

13期には

ベテラン研修生の加賀楓ちゃんと横山玲奈ちゃんという埼玉県出身の女の子。 

 

ハルちゃん、今から思い出して書き起こす公演で

ひとりでの凱旋公演はしばらくおあずけになっちゃうかもね。

 

な〜んて思いながら、マイビジョン埼玉公演のあれこれを。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

f:id:kdonyan:20161221005758j:image

 

全公演の中でも

いっちばんアツイ公演だってわかった状態で挑む

推しメンの「凱旋公演」。

 

昼、夜ともにチケットを持っているので

絶対どちらかで「奇跡のタマゴ」はコレクトできることは明らか!

 

「奇跡のタマゴハンター」ことわたしの期待値はマックスです!!!

 

今回は、埼玉県でのコンサート

モーニング娘。としては久しぶりの川口リリアでの公演でした。

といっても、わたしは川口リリアに行くのは初めてで、

そのアクセスの良さに驚きました。

 

Tokyoから川口、ちょ〜近い。

し、川口駅直結で会場に着きます。ちょ〜近い。

今後もここ利用してもらいたいなぁ。と思いました

 

絶対に日替わりを買いたかったので、久しぶりに朝からがっつりグッズ列に並びました。

 

会場にはついたものの、あまりのアクセスの良さに

「凱旋公演にはるばるやってきたぞ」という実感もあまりわかないまま

 

ハルちゃんがオススメしていた小説を読んだり

友達と宮本佳林の写真集を見てワイワイしながら並んでたら、すぐ時間が経ちました。

 

 

さてさて、日替わりを買ったら、ちょうどお昼の時間♩

今日も私流遠征の定番

「川口 ランチ」で検索し、ちょっと美味しいものを食べに出かけます。

 

この日は、「担々麺」

 

 f:id:kdonyan:20161221005901j:image

 

胡麻の濃厚な風味とヘビーな重み

冷えた体があったまるぅ

空いたお腹が満たされるぅ

白ご飯がモリモリ進みました。

ライス付きにして正解!うまい!

 

川口周辺は他にも色々おいしそうなランチがたくさんあったなかで

 この選択をした私はなかなかグッドだったと思います。

 

なんてったってコスパが良い!800円くらいだったんじゃないかな。

こだわって作ってるのが伝わってくる味をこの価格帯で食べれるから

ラーメンは奥深いんだろうなぁ

そもそも坦々麺をラーメンにカテゴライズしたら怒られるのかな?

ラーメン好きな人はこだわりが強いイメージがあってヘタな感想が言えない。

(普段あまりラーメンを食べない側の薄い感想です)

 

 

 

話が逸れてます。

 

わたしは凱旋のお話がしたいのです。ハルちゃん。

 

 

公演全編を通しての感想としては

相変わらずハルちゃんは楽しそうで、どの一瞬も自分にできる最高の全力を出し切ってて

「うんうん、こういうところだよなぁ」って噛みしめるように見ました。

 

 

わたしは、ハルちゃんに対して「かわいい」しか言わない低脳メロメロ人間。

 

まさに話題のTVドラマ「逃げ恥」内でみくりちゃんがヒラマサさんに言い放った名言

 

ーー

カワイイは最強なんです。

カッコイイの場合、カッコ悪いところを見ると幻滅するかもしれない

でも、カワイイの場合は何をしてもカワイイ

カワイイの前では服従。 全面降伏なんです

ーー

 

という感じで。

 

 

でも、

秋麗〜セクシーキャットの流れを見ながら

いつのまにかわたしがハルちゃんの「かわいい」以外の魅力にハマっていたことを思い出しました。

(これ春のミスムンでも言ってたような気がするけど、まぁ聞いてほしい。笑)

 

汗を艶やかにまといながら、

じっと力強く何かを求めるような視線、甘いだけでない表情。

でも、まだかわいい女の子としてのスキがあって。

 

それらをエネルギッシュなダンスに乗せて

かすれたセクシーな歌声に乗せて。「17歳」。

女の子のかわいらしさをまといつつ

女性としての美しさと、

Man(人間)としての力強さ。

奇跡的なマッチです。

 

魅力的だなぁ、やっぱり。マイビジョンはここが一番好きです。

後日、ハルちゃんも秋麗が一番気に入っていると言っているのを聞いて

「僕たちはいつだって同じ気持ちだね。」(キモヲタボイス)

と思いました。

 

 

 

そして、次にかかった曲が「今すぐ飛び込む勇気

 

ーーーーーーーーーBパターンだ

(背景にプロフェッショナル仕事の流儀のポーーンの効果音)

 

夜の方が自分の席が良いという超個人的な思い入れから

夜にAパターンで「ナビが壊れた王子様」を見たかったので 、天を仰いでガッツポーズ。

 

 

ーーーーーーーーー天は我に味方した。総員、下手でパンのわけわけ配給に備えよ。

 

自分の中に待機しているお腹を空かせた兵士たちに指令を下しました。

 

 

 

わたしたちのLOVE CHANCEは、夜までお預けのよう。

今日は準備万端です。

 

なんてったって、実物の「タマゴ」をコンビニで購入していたからです。

(ちなみにゆでたまご

 

名案ありがとう!(たまご購入を提案してくれた知人への私信です)

 

 f:id:kdonyan:20161221011332j:image

 

 

 

【夜公演】

 

クレイジービート・エロティックな秋麗ゾーンを抜け、

そのあまりの魅力に

わたしの中の兵士たちは使い物にならないふにゃふにゃっぷりでしたが

ここでへばっている場合ではありません。

 

今日は、あの瞬間を見届けるために来たんだ……………!!!!!!!

 

 

♩〜ゼロから始まる青春

マイビジョンスペシャルメドレーの幕開けです。

 

ーーーーーーーーーーーー総員、戦闘配置へ。

 

スッとうしろを振り返り、リュックに手をかけ、

リュックサックの左ポケットに手を入れます。ザラッとした手触り。

左手にキンブレを持ち替えて、

取り出したブツを右手にしっかりと握りしめて、正面を向きます。

 

今日もまりあちゃんがかわいいな。

きゃわきゃわヨーグルト!!!!!!

 

いや、それどころじゃない。

ドキドキしながら来るべきタイミングに備えます。

 

♩チャンチャンチャラ〜ラ

「ナビが壊れた王子様」を探す夢見るJKプリンセス!

 

工藤遥さんのご登場だああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

頭の中で言語化できない叫びをあげて、

右手であたためたタマゴを天に掲げます!!!!

 

ステージにハートと星を散らしながら輝くマイディアプリンセス。

客席でゆでたまごを掲げるわたし。

 

そこからのことはあまり覚えていません。

俗にいうノールックノーレスで、無事完走しました。

 

やりきりました。ほんとなんにも覚えてない。

ちょっともっかいやり直して欲しい。

ふざけてタマゴ降ってる場合じゃなかった。

クラップでゆでたまごにヒビを入れている場合じゃなかった。

 

 

燃え尽きたなぁ。

燃え尽きるぞぉ〜と思って迎えて、やっぱり燃え尽きたなぁ。

 

本当に楽しかったです。

超!!!!!!!!楽しかった!!!!!!!!!!!!

 

 

公演の最後は、ハルちゃんが「MY VISION」を教えてくれました。

 

「だれかに気にかけてもらいたいんです。構って欲しい。たぶん、人よりそういう愛されたい気持ちが強い方だと思う」っていう話の切り出しで、とても意外でした。

 

ハルちゃんが、いつもどこか頑張りすぎているように感じてしまうしっかりものの彼女が、

ありのままのハルちゃんを少しだけ見せてくれた気がして。

 

パイで包まれたシチューに、ナイフがスッとはいって

緊張がふわっとやわらかくほどける感じ。

 

ハルちゃんが作り出す間と表情。優しい温度。

 

そして、「みなさんから受け取っている愛を、これからお返ししていきたい。頑張りたい。」

そういう内容でした。

 

 

これを受けて、ハルちゃんがわたしにヲタクであることを肯定してくれるようなあたたかさを感じて。あ〜もしかしたら。おこがましいけど。ここにいていいのかも。

少しでも力になれているのかも。って

 

一面のオレンジを前に

噛みしめるような溢れ出ちゃうしあわせの顔をするハルちゃんを見て、そう思いました。

 

 

 

やっぱり凱旋は特別だね!

一番、ハルちゃんに近付ける感覚があるから、やっぱり特別です。

 

 

横山ちゃんは、何色かなぁ(^^)

これをきっかけにハルちゃんが、またなにか新しい気持ちを経験するんだって思うと、ワクワクします。

 

わたしの気持ちは、なんにも変わらないし

わたしにとって埼玉県が特別であることも変わらない!

 

また行くぞ〜!

 

 

ありがとう!

遅くなってしまったけど、凱旋公演おつかれさまでした。

 

 

 

【後日談…】

 

f:id:kdonyan:20161221010623j:image

 

あまりにも大切な奇跡のタマゴだったので

しばらくお気に入りのケースに入れて保管していました。

 

 

 

f:id:kdonyan:20161221010657j:image

 

集まってきたね!

(オシャレ加工がじわじわおもしろい)

 

 

おやす眠眠打破☆~⌒☆

10/27 工藤遥BDイベント 有明

 f:id:kdonyan:20161122121434j:image

こんばんはるか♩

 

ハルちゃんのお誕生日だ〜〜〜!!!!!

とうとうこの日がやってきました!

 

コンサートが一番好きな現場だけど、

やっぱり推しのソロイベントは特別です。

 

上京しました!

 

Twitterを見ていると、工藤ヲタが続々と上京してくる様子が流れてきて

なんかジワジワ〜っと誕生日当日の実感が湧いてきます。

他にもいろんなメッセージを見て

ハルちゃんのことを大切に思ってる人がこんなにいるんだなぁって思うと、

とっても素敵な気持ちになりました。

地球上の全員が工藤遥のヲタクになってこの気持ちに行き着けば

戦争はなくなるのになぁと思います。

(でも、そのときもきっと工藤遥ちゃんが神様として位置付けられて

そのなかでも様々な思想が生まれて、そのなかでの衝突があって

やっぱり戦争はなくならないのかな。難しい。)

 

朝到着したので結構時間があり、

ハロショへ行ったり、美味しいランチを食べれたり。と充実していました

 

遠征先ではせっかくだから美味しいものを食べたい!

このブログ、食べログコーナーも看板なのです。

 

この日も「秋葉原 ランチ」と検索し、気になったお店へ行きました。

 

f:id:kdonyan:20161122121333j:image

牛カツを食べた。おいしかった!

赤身の状態で出てきて、席の前に置いてある焼き石でサッと自分で火を通して頂きます。

衣がギリギリまで薄いので、お肉の味と食感がググッと舌に、歯に伝わってきます。

特製のタレにワサビを少し入れて。ツンと鼻をつくワサビがお肉の甘みを引き出します。

やわらか〜いし、衣も薄くて、くどくない。お見事!

お味噌汁の味がいつもの味より濃くて、関東だぁって感じました。

粗食で育ってきたので、カツを食べてお肉の甘みを感じれたの初めてだったし、

今まで食べてきたカツの中で一番美味しかった!

ハロショから近いし、是非行ってほしいです。ちょっと並ぶかもですが。

 

 

その後会場で、グッズを購入したり、

ハルちゃんのお誕生日のお祝いにケーキを食べにったり♩

f:id:kdonyan:20161122121607j:image

イベント開始を楽しく待ちました。

(食ってばっかりじゃねーか!) 

 

 

f:id:kdonyan:20161122121758j:image

 

会場のディファ有明

 

わざわざ地方から遠出してきて、

最終目的地がこの倉庫だと思うとなんか笑えました。

列をなすヲタクたちの「選ばれし勇者たち」感が入り口の女神によって、いっそう際立っていました。

 

 

イベント本編は、もう、めちゃめちゃおもしろかったです!!!!

 

イベントの内容は、全編を通してストーリー調になっていて、

要約すると

工藤遥は実は男だった」→「ハル、このままみんなを騙してていいのかな」→「みんな男でも女でも、そういうのはどうでもよくて、“工藤遥”を好きなんだ!」って開き直るお話でした。 

 

最初うしろのモニターに「工藤遥は男」と映し出された時、

「???????????????」ってなったし

工藤遥ちゃん絶対少女派党なので)

 

グッズの衣装ではないフリフリの黒いワンピース衣装で登場した時

そのあまりのかわいさに

「????????????????」となったし、

 

あかねちんが企画VTR用にハルちゃんの家で

ご飯をもりもり食べてるだけの写真を見ている時

「???????????????」となったし

 

すべての演出で脳内がパニックを起こしました。

どの瞬間も

「我々は今、何を見せられているんだ・・・?」という驚きの連続でした。

 

もうずっっと笑ってて、本当におもしろかったです。

 

あとは、PERFECT HUMANのコピーをやりたいってハルちゃんが言い出して

ふくちゃんと後輩を引き連れてやっている姿を見て

宴会っぽい!工藤遥ちゃん飲み会向いてる!って思いました。

 

 

そして、ライブコーナーは、さすがの工藤遥ちゃん。

楽曲チョイスにセンスが光ります。褒めちゃう!

それもよくあんなに自分にピッタリの曲見つけてくるなぁって思うけど

ハルちゃんはどの曲もハルちゃん色に変えちゃうから、どんな曲もピッタリになっちゃうんだね。

歌の技術的なことはよくわからないけど、

今まであんなにバラードでロマンチックな空気が作れたっけ。

 

ハルちゃんがどんな風に歌っていたか具体的に・鮮明に は思い出せないんだけど

あの空間に、わたしとハルちゃんの二人だけの時間が存在しているような。そういう穏やかであたたかくて優しさにつつまれた空気はまだ感覚としてぼんやりわたしの中に残っています。

夢を見ているような時間だった。素敵だった。

 

もっかいみたい!!!!DVDで何回も見たいです

 

 

このバースデーイベントでハルちゃんが最後に出したの結論は

「男でも女でもない「工藤遥」という存在」についてでした。

 

これを現場で聞いていたときは、「いやいやいや女だろーが!!!!!!」と笑いながら聞いていて、

「この子はほんと自分のことがわかってなくて、、、笑 それもかわいいんだよなぁ。」と思っていたんですが

 

これいま飲み込むと、わかるというか。

この結論にわたし自身すでに達していたことを思い出しました。

 

ジャニーズの追っかけをやっている友だちに「すごいと思うよ。女なのにそこまで女に夢中になれるの。なんでなの?なんで女なのに女の子を?」って部分よく聞かれるんですね。

その度に、「女とか男とか、そういうんじゃなくて、工藤遥ちゃんのことが好きなんだよ」という話を決まってするんです。

 

ねぇ、ハルちゃん、こういうことだよね!

 

男とか女とかそういうカテゴリーに囚われず

愛してしまったこの世でたった一人の女の子。

それが、工藤遥ちゃんなんだった!

 

そう思うと、ハルちゃんはやっぱり何でもわかってるんだなぁって気がしてきて、

最後にバースデーイベントで聞かせてくれた「もしも」も

「わかってるよ」のベストアンサーだったよね。

 

そう、みんなかわいいハルちゃんが大好きなんだよ〜

 

全部お見通しのハルちゃんに感服した完璧なバースデーイベントでした。

あの多忙な日程の中でこれだけおもしろいものを作れるのすごいです。

 

 

散々ここまでハルちゃんは「わかってるわかってる」言ってきましたが

ほんとのところはどうなんだろう?^^

 

わかってないまま、ピタァっとアイドルとして完璧のものを当ててくる

天性の才能に、乾杯!

 

…としたいところです。笑

 

ハルちゃんはおもしろくって、かわいいなぁ!

 

 

お誕生日おめでとう。

楽しい一年になりますように(^o^)

 

 

追記*

バースデーイベントのDVD映像ダイジェストがあがっていたので貼っておきます。

https://youtu.be/Gs8PVMSB0Qw

 

 

 

おやす眠眠打破☆~⌒☆

10/23 MY VISION 愛知

 

f:id:kdonyan:20161121225553j:image

こんばんはるか♩

 

(この日の日替わりが一番お気に入りです!)

 

 

名古屋へーーーーーーーーーーー?

 

 

朝から名古屋に私用があったため、この日は夜公演だけの参戦。

 

公演パターンがABABABA...という風に規則性を保っていたので

今日の夜公演でも「奇跡のタマゴ」をゲットできそうだ、とニヤニヤしながら会場へ向かいました。

 

「奇跡のタマゴ収集にきました」とツイートした瞬間。

 

TLに、とんでもない情報が流れ込んできたのです。

 

なんと、昼公演で、ラブチャンスが披露されてしまうという事態。

 

 

ショックで、ショックで、ショックで………!涙

よりによって今日変えなくてもいいじゃーん!なんでなのー!涙涙

 

目標を修整。

「奇跡のタマゴコレクトからパンのわけわけ配給待機へ切り替え。涙涙涙」

 

この日の昼公演も最高だったらしく、友人たちが「あのMCが最高だった」「あの曲でのあそこが…」と口々に盛り上がっている声も喧騒となり、うつろな目で開演を待ちました。

 

でも、今日はなんてったって工藤遥を見れるのです。

しかも、楽しみにしていた牧野まりあちゃん初単独凱旋公演!まりラブリスナーでよかった!

 

この日は3回目のセクシーキャットだったので、一階の(どちらかといえば)前方でしたが、双眼鏡プレイを楽しみました。

1日でここまで仕上げてくるんだなぁと驚きました。

工藤遥ちゃんの表情。すごく良かったです。

昨日の大阪公演ではやっぱりまだ緊張していたのでしょうか、

この日の方が少しの余裕が感じられるような「女」の顔。

でも、彼女の中枢にある「かわいさ」が見え隠れして。とっても魅力的!

セクシーキャットのおしりを磨く振付がダイナミックなのと、3匹が揃って右へ左へと移動するときの足つきがかわいいことをメモ。お気に入り。

やっぱりセクシーキャット最高だなぁ。と、また思いました。つんくさん、ありがとう!

 

 

そしてパンの配給ですが、やっぱいい!こりゃいい!

工藤遥のパン配給には福祉の心があるよなぁとこの日思いました。

 

 福祉(ふくし、英: Welfare)とは、「しあわせ」や「ゆたかさ」を意味する言葉であり、すべての市民に最低限の幸福と社会的援助を提供するという理念を指す。

 

工藤遥恋INGにおける「パンが1つならわけわけね」(英: pan_wakewake_ne)とは、「しあわせ」や「ゆたかさ」を意味する言葉であり、すべての市民に最低限の幸福と社会的援助を提供するという理念を指す。

 

 

 ね?

 

 

そして最後には

牧野まりあちゃんのMY VISIONを聞くことができました。

 

「小さい頃からの知り合いに、まりあはどうなるの?これからどうしたいの?と聞かれ、「まりあはモーニング娘。でいたい。」って答えました。モーニング娘。牧野真莉愛として、これからもがんばりたい。」(要約)

 

 

繰り返し「モーニング娘。」と口にするまりあちゃん。

大きな目にグッと力を灯し、「これがわたしのMY VISIONです。」と言い切りました。

 

正直、話の文脈がうまく繋がっていなかったこともあり、何言ってるのかいまいち理解できなくて、「今すでにモーニング娘。の牧野まりあなのに、モーニング娘。として頑張るってなんだろう?」という部分もわからなかったんですけど、

 

なんか、後からジワ〜って伝わってきて。

この子、本当にモーニング娘。が好きなんだなぁって。

そこから、この発言の意味がようやく理解できて、うまく言葉にできていないことも、うまく言葉にできないまま、まりあちゃんに見えているリアルなVISIONなんだって思いました。

 

そう、わたしも、本当にモーニング娘。が好きで。

あ〜わかる。わかった!と心と心が繋がった瞬間に、涙が流れました。

 

 

 

本当にいい公演だった!

どの現場もアツイです。愛知も来れて良かった!

 

 

奇跡のタマゴハンターへの道はまだまだ続く………

 

 

 

おやす眠眠打破☆~⌒☆ 

 

 

10/22 MY VISION 大阪

 

f:id:kdonyan:20161121224527j:image

 

こんばんはるか♩

 

 

10/19(水)にハロ!ステ内にて『セクシーキャットの演説』に脳内を支配されきっていて。

とうとう迎えたセクシーキャット初披露公演。

 

それが、このオリックス劇場公演でした。

 

 

関西在住の身なので、大阪公演はこれまでの公演の中で一番最寄り。

グッズもある程度は買い揃えていたので開演時間めがけて会場へ向かいました。

 

 

電車の中で携帯をチェックしていると。

この日新しく発売されることになっていたピンナップポスターpart2の画像が回って来ました。

 

「おいおいおい…」困ったことになりました。

ピンポスpart2は体操服姿だったのです。

 

「これは完全に、そういうやつだ…」とつぶやきながら

本日の支出増が決定したのでした。

 

会場に到着すると、その日は会場の前の公園でフリーマーケットを行なっていて、賑やかでした。

まさか想像していなかったので、ちょっとわらけてしまいました。

小さなステージでアコースティックギターを弾いている人がいて

おお、なんかいいなあと。そして少しハルちゃんのこと思い出していました。

(わたしには工藤遥ちゃんに弾き語りで愛を伝えたいという夢があるからです)

 

フリマを抜けると、今度はヲタクたちが生写真やピンポスを交換していて

ここでもフリマが行われていました。おもしろいです。

 

入場列に並んでグッズを購入。

下心丸出しで購入したピンナップポスター、3枚。

 

「工藤引き工藤引き工藤引き………」と唱えながら開封すると

 

 f:id:kdonyan:20161121224813j:image

 

工藤引きがでました!

 

この世には、食欲、睡眠欲、物欲………色々あるけれど

一番強いものはやはり性の力だな。と確信した瞬間でした。

 

 

さてさて、開演です。

 

やはりこの日、一番印象に残っているのは

「「セクシーキャットの演説」」です。

 

 

それは、セットリストの前半で登場しました。

 

 

このなんとも言えない、オシャレでセクシーで、力強くて。

圧倒的な、かっこよさ。

 

そして、猫の手をして、猫の足つきをしている工藤遥

 

 

ニャンニャン。

 

ニャンニャン工藤遥!!!!

 

 

生で見るセクシーキャットは、わたしの心を撃ち抜きました。

あんなにハロステで見たのに、それでも耐性はついていなかったようです。

汗でつややかに光るハルちゃんの、かわいい表情、仕草、甘くかすれる歌声。

心臓にこぶしをぐっとあてて、「かわいい」や「かっこいい」を超える「最高」を受け止めました。

 

あんなに、こう、「くらった!」って感じたパフォーマンスは今までにないです。

(大きな技を「くらう」。   の、「くらう」ね。そういう感覚でした。)

 

それくらい驚きと感動がありました。

 

そして間奏!

間奏、この日初めて聞いたんですけど、

あんなことになってるなんて、聞いてない!!!!

 

「??????????????」

「ウッ……………………………」

「こんな………こんなことって………!!!!」

 

と、驚きました。

突然、グワァんって時空が歪んだような衝撃。

かっこいい〜〜〜涙と思いました。

 

一瞬でおわっちゃいました。

 

 

昼公演では、奇跡のタマゴゲットならず。

 

代わりに、泡沫のDJが工藤遥ちゃんだったので、「煮物」をゲット。

(攻略ヒント:泡沫DJ工藤のキメ台詞が「俺の煮物で元気になれよ」なので、そこで煮物を貰えます。)

 

そして、こちらのパターンでは工藤遥ちゃんから「パン」の配給を受けることができます。

(攻略ヒント:恋INGの歌の中で「パンが一つなら、わけわけね」という部分で貰えます。)

 

煮物とパンでお腹を満たし、

夜公演へ。

 

夜公演では、バッチリ奇跡のタマゴをゲット!

かわいい。かわいい!キラキラとハートと星のマークがハルちゃんからあふれ出ています。

肉眼で観測できる流星群。幻の13星座めは「工藤遥」だったのか!

 

星屑をこぼさないように、しっかりタマゴの中に閉じ込めて、コレクト完了。

バッチリです。

 

夜のMCでは、工藤遥ちゃん、譜久村聖ちゃん、小田さくらちゃんが登場。

「たべものしりとり」をすることになったのですが

 

ハルちゃんに「し」が回ってきた局面。

「し」からはじまるたべものがなかなか思いつかない様子。

 

「し、し、しーーー??!」

滋賀県のお母さんが作ったカレー!」

 

と、突然の滋賀県産食べ物をくれました。

ボーナスアイテム「カレー」まで頂けて、おなかいっぱい大満足の大阪公演になりました。

 

 

f:id:kdonyan:20161121224925p:image

 

奇跡のタマゴ、集まってきました(^^)

 

 

おやす眠眠打破☆~⌒☆

10/15-16 Morning musume’16 live concert in Taipei②

 

 

こんばんはるか♩

 

「書かなければいけないもの」がたまりにたまっています。

 

これはね、逆にいいかもしれない。

熟成させてるわけ。あのとき、あの瞬間では、未完成だったものを。

 

食べ物の表現でおいしそうなものといえば

「生」

「熟成」

じゃないでしょうか。

 

生ビール、生キャラメル、熟成ビーフ。

ほら、おいしそうでしょう?

 

書き物も、食べ物も、作るのに手間がかかるけど、

「こと」を済ますのは一瞬というところで共通点があるように

似ているものだと思います。

 

熟成させた台北日記。

とうとう公演編をお楽しみ頂けると幸いです。

 

 

―――――――――――――

 

f:id:kdonyan:20161119015546j:image 

 

台北公演当日は、朝からグッズ列に並びました。

すごい人数の列。

それも意外と日本から以外の方も多かったです。

 

でもどうしてもあのダサすぎて逆にカッコイイ台北限定Tシャツが欲しかったので、並ぶほか仕方ありません。

 

最近は入場してからグッズを買うことが多かったので

こんなに並んだのは久しぶりだったかも。

私が並んでいた場所も前後ともに、現地の方だったので、ソワソワしていました。

 

というのも、

「現地のヲタクと交流したい!」というのが、海外公演参戦にあたって小さな楽しみだったので、こういう暇な時間をつかってお話しできたらなぁとソワソワしていたのです。

 

ですが、当方、そんなにコミュニケーションに積極性があるタイプでもなく。

いつ、どのタイミングで話しかけていいものか。

そしてそもそも、わたしは中国語が話せないし。

 

でも、やっぱりお話してみたかったので、

こう、無駄に伸びをしたり、後ろを振り返ってみたり

話しかけやすいようにやわらかい表情をしてみたり。

(これ、今考えると一人でニヤニヤしているだけで気持ち悪いな。よけい話しかけにくそう。)

目を合わせようとしてみたりした結果。

 

バッチーーーン!

 

目があったんです。後ろにならんでいた女の子と。

 

「日本語話せますか?」と尋ねてみると

「話せます」と、イントネーションもバッチリで答えてくれました。

私は中国語が話せないからなぁ、と思ってってモジモジしていた自分は「話せんのか~い(髭男爵ワインカッチーン音)」と心の中でツッコミを入れつつ

 

「あの、もしよければ、これいりませんか?」とモーニング娘。のシングルCDに付属しているトレカを差し出しました。(そう、話題提供としてトレカを日本から持ってきていたのです)

 

その子は、戸惑いながらも10期メンバーがお気に入りであることを教えてくれました。

 

わたしは「じゃあ、好きなやつ取って下さい」と伝えると

その女の子は喜んで10期メンバーのトレカをスッスッと抜いて、貰ってくれました。

 

こうして、現地のヲタクとの交流もできて良かったです!

 

(が、10期メンバーのトレカは、わたしのお気に入りである工藤遥ちゃんも含まれます。自分があげるよ、と言ったくせに、工藤遥ちゃんのトレカもしっかりゴッソリ抜かれていくようすを見て結構へこみました。し、その様子を見て、そんなことを考えていた私は、なんて自分は心が狭い人間なんだと気付かされました。工藤遥ちゃん…ハルちゃん…大切にしてもらってね)

 

 

さて、そんなこんなしてるうちにグッズは買い終わり。

いったんホテルに戻って着替えなどを済ませ、夜を迎えました。

 

 入場列にもたくさんの人がいました。

非公式と思われるペンライトを販売している人がいたり。文化の違いを感じながら待ちます。

 

入場列でも後ろで待っていた方と、一緒にお話して待つことができました。

その方は、日本から来られた方とのこと。

 

スマートフォンで写真を見ながら、ひとりでお店の小籠包全種類頼んで、上の人に「食べきれますか?」と確認された話や、日本と違う電車やタクシーの話。とにかくいろいろ。

 

どれもおもしろかったのですが

その中でもホテルの話がハイライトだと個人的に思っていて。

「これはホテルの写真!隠れ家みたいでいいでしょ?」と見せてもらったホテルの写真はフロントが無くて、内装がかなりファンシー。

「シャワーはすりガラスだから透けて見えちゃうんだけど、たまにはいいよね」とかなんとか言って気にいってらしたんですが。

 

「いや、それ、ラブホじゃねーか!」というツッコミを心の中でせざるをえませんでした。

そうしてラブホ泊おじさんと仲良く入場しました。

 

台湾公演はオールフラットのライブハウスのような場所で、

vipチケットと一般チケットがあり、

vipチケットは、整理番号が1~300

そのあとに一般チケットが1~800くらいだったかな? 続いていきます。

 

わたしは、一般の真ん中らへんで見たのですが。

入場して感じたのは

「・・・・・・・・全然見えないwwwwww」

でした。俗に言うクソ番でした。

今まで6年?とかヲタクしてますが、わたしのヲタク史上最も視界の悪い公演でしたね。笑

 

でも、この番号のチケット。日本から、台湾のサイトで購入したもの。

中国語が全く読めないわたしが、翻訳サイトでひとつひとつ確認しながら自力で確保して現地のコンビニで発券した、特別に思い入れのあるチケット。

現地で発券うまくいかなかったらどうしようとか、どこかで手順を間違えていて買えてなかったらどうしようとか、正直不安でいっぱいのまま台湾にやってきて、やっと手にできたチケット(なんせ一人で行ってるので頼れる人がいない)。

 

会場の真ん中で、フラットの床を踏みしめながら

「ああ、いま、あれだけ苦労してつかみ取った権利がわたしをここに立たせているんだ」と思うと、わたしはいつの間にか、クソみたいな視界に絶望することを忘れて、むしろその場所にいることに対しての誇りや少しの優越感すら持っていました。

 

そして、公演が始まります。

会場のボルテージは最高潮。

メンバーが登場する前、宣伝がてら(?)

泡沫のミュージックビデオが流れたりしたのですが

その時点で、映像相手に全力のコールをするヲタクたち。笑

 

こんなに楽しんでいいのか!笑 といきなり思ったというか、

それくらい声を出せて緊張がほぐれました。

 

セットリストは今やっているツアー(MY VISION)をベースにしたもので、

そこに盛り上がる曲や定番曲を追加したものでした。

 

う~ん。過酷!笑

脳みそ筋肉になるかと思うようなパワフルなセットリストでした。

 

とくに

「 泡沫」からの「みかん」は、かなり「まじ?!!?!?!?!」って感じで驚きました!!!

 

驚きとパワフル、エネルギッシュでいっぱいの  汗がほとばしる

画通り、みずみずしいコンサートでした!笑

 

ハルちゃんのライブパフォーマンスを見るのは福岡公演ぶりだったのですが

福岡公演なみにゼーゼーハーハーなってるハルちゃん(HPはゼロ、気力で乗り切る気迫を感じる)を見て

また感動しました。

 

ハルちゃんの全力のパフォーマンスは、他の誰も真似できないし、心を打ちます。

 

し、か、も、台湾でも一番かわいかったよ♡♡♡

 

敵なしの女!完全勝利無敗無敵美少女工藤遥ちゃん!

 

 

そして、アンコール。

 

実はアンコールでは台湾のファンの方達によるサプライズが用意されていて、

その内容は、事前に配布されたペンライトを掲げながら「友」を歌うというもの。

 

その時が来て、みんな続々と赤いペンライトを点灯します。

 

「あしているんだ  ずっとなかまだろ」

「やがてとしおいて しらがになったとしても」

「やさしくいれるさ ずっとなかまだろ」

「ときにきびしくしかってくれるだろう」

「わかりあえるはず ずっとなかまだし」

「さいしょからぜんぶうまくいかなくたって」

「じぶんをしんじて うんめいかんじて」

「ときのながれにのみこまれないように」

「ハロー ハロー さあはじめよう」

 

「あいしているんだ ずっとなかまだろ」

………

 

 

みんなで、同じ歌を声を揃えて歌いました。

学生時代恥ずかしくて校歌は大声で歌えなかったことを少し思い出しながら

精一杯声を出して、歌詞の意味を噛み締めて歌います。

 

隣にいる人も全然知らない台湾の人だけど、

男も女も、国籍も違っても、

同じ歌を知ってて、同じ「モーニング娘。」が好きで。

なんて奇跡なんだろうと心が震えました。

 

みんな、愛してるし、みんな仲間。

 

台湾の会場でみんなが「日本語で」歌ってくれることに感動しました。

 

みんな同じ気持ち(モーニング娘。の台北公演が最高だったという気持ち)になったって時点で

その会場は、もうこの世界中で一番グローバルであり、ホットな場所だったんですが

 

「日本語」という共通のツールに歩み寄って来てくれたところに感動したというか。

 

そういう、すこしの具体的な「歩み寄る気持ち」が、

わたしたちをつないでくれているよなぁって学びました。

 

そして「友」、本当にいい曲です。

 

 

「「愛しているんだずっと仲間だろ」」

 

と、モーニング娘。のメンバーがアカペラで歌いながら登場しました。

 

それは、最後のピースがハマった瞬間でした。

 

最高潮までジワジワ〜っと登りつめていた最高の気持ちが

最後のピースがハマった瞬間、溢れ出しました。

 

そこから始まったEC1「雨の星では愛せないだろう?」

 

メンバーたちが一人づつ、歌い、歌詞を伝えてくれます。

なんか、そのとき、「あ、これって今。この瞬間。言葉を超えてコミュニケーションが通じ合った瞬間だな」って思いました。

 

そして、雨ふらは最後、中国語バージョンへと繋がります。

 

これは、モーニング娘。が台湾の人に向けての「歩み寄った小さな具体的な思いやり」の気持ち。

 

小さな相手の気持ちに歩み寄るっていう具体的な行動が、

異文化で暮らす人々のこころを繋ぐんだなって感じました。

 

真っ赤なあったかいハートのペンライトにつつまれた

綺麗なモーニング娘。の笑顔。

 

あの空間にいれたことを、心より光栄に思います。

 

名現場でした。

 

 

 

この、サプライズ企画、ほんとうにしっかり準備されてたもので

入場前に、スタッフの方に席番号を伝えると一人一つずつ

「ペンライト・扇子・説明の紙」をもらえるようになっていて、

 

説明の紙には、企画の内容と友の歌詞。

中国語と日本語と英語で書かれていました。

 

ああ〜わたしにとっても特別な公演だったけど、

台湾の方達も、ほんとうに心待ちにしていたものなんだなぁって

綿密に準備されたサプライズ企画を知って、感激しました。

 

し、そういう感激した人が多くいたから

こんな今までになかったような特別なサプライズが実現したんですね。

 

 

素敵な気持ちにたくさん気付けました。

 

 

すべてを、「ハルちゃんのおかげ」に繋げるのはあんまり好きではないんですが。

(ハルちゃんにすべてを押しつけるのはどうかと思うから)

 

それでも、やっぱり

「ハルちゃん、台湾に連れて来てくれてありがとう!」って思う台湾遠征でした。

 

 

ハルちゃんとの思い出は、すべてが一番で宝物だけど、

これも、一段と輝く宝石の一つ。

 

ありがとう^^

 

f:id:kdonyan:20161119015842j:image

 

 

おやす眠眠打破☆~⌒☆